FC2ブログ
今日ですね、なかなか面白い面々がやってきたんですよ。

こちらの、
morinagaganndamuhako 001
当時ものの森永とかのお菓子のオマケのプラモデルなんです。

当時ものっていつものよ。

もちろん、
morinagaganndamuhako 002
ガムとかのお菓子は入ってはいませんが、

ちゃんとオマケは
morinagaganndamuhako 003
入っているんです。当時に組み立てた状態で。

中には
morinagaganndamuhako 004
組んでいない状態のものもあるんです。いやあ、奇跡だ!

さらに奇跡だったのが、
morinagaganndamuhako 006
オマケだけではなく、お菓子の箱もあった事なんです。

普通は投げますよ、でもこのお客様は大事に取っておいたんですね。

私も買った記憶がある、こちらのお菓子の面々、

当時を思い出して組み立ててみましょうかね。

ただですね、明らかに当時私が買った時とは組み立て方が違うんですよ。

今の私の組み立て方、それはプラモデルを組み立てるのではなく、
morinagaganndamuhako 005
当時、お店で並んでいたように再現するために、

オマケの箱とお菓子の箱を組み合わせる事なんですよ、

やっと組みあがった!そこらのパズルよりも難しかった!たぶん合ってるべ。



すっかり寒くなってしまいましたが、

明日も明後日も、入り口の扉を開けたまま営業していますので、

どうぞお気軽にお立ち寄り下さい!少し寒いので、厚着してきてくださいね。





パタパタ時計って知っています?
お母さんの忙しい一日を歌ったアレではありませんよ。

時間のところがパタン、パタンと倒れて変わっていくんですよ。
patapata 001
ザ・ベストテンのランキングのところの様と言えばわかりやすいでしょうか。

うちの店にある、パタパタ時計、時計機能だけではなく、
patapata 002
ラジオもついています。レディオではなくラジオです。

そして先日、
patapata 004
また新たなパタパタ時計がやってきました。

今度のパタパタ時計はラジオ付きではありません、
このように、
patapata 003
テレビが付いてるんですよ。

さらに、テレビがよく見れるように、
patapata 005
底にターンテーブルが付いているんです。どんな角度もらくちんなんです!

昔のものは何かと色々ついていたんですね。

いやあ、このテレビ、つくにはつくんですが、
今となっては見れないんですよ、見れたらカッコよかっただろうにね。

こんなテレビ風味のパタパタ時計ですけどね、
気になった方は、どうぞお問い合わせ下さいね。
今回は昨日に引き続き、平成も24年も経ったというのに、
未だに昭和の生活そのままで、住んでる人も昭和な考えな、
先日立ち寄りました、とあるお宅を紹介します。

(今回いきなりご覧になった方は、昨日、一昨日の内容から読み返す事をお勧めします。)

なんせ、そこのお宅、もう何十年も前の、
araretilyann 002
こんなカレンダーをいまだに使っていますからね、もう筋金入りなんですよ。

ただですね、いくら昭和の文化がそうだったとしても、
これはどうかな?って部分もあるんです。

今回は、昭和の生活の、あまりオススメできない例を紹介をします。

昭和の生活、今みたいに色々ものが揃ってないもんだから、
ちょっとした物をとても珍しがるんですよ。

どうやら、ここのお宅、
araretilyann 008
シールが珍しかったらしく、もう、隙間を見つけたら貼っているんです。
引き出し、冷蔵庫、壁、ありとあらゆる所に貼っているんですよ。

ちなみにこの引き出し、開けたら、
araretilyann 009
小学二年の時の「夏休みの友」が入っていました。我ながらすごいわ、これ。

さて、スキを見てはシールを貼っているんですが、シールが無くなったら、
araretilyann 010
イタズラ書きをするんです。
らくがき帳や、チラシの裏に書けばいいものを、何故かあちこち書くんです。
それも絵とかではなく、意味不明の暗号を。

皆さんも友達の家に遊びにいったら、謎の絵が壁に書かれていたのを見たことはありませんか?
私の友達の家の壁には、謎の熊の絵が、
又、違う友達の家の壁には、1+1=とだけ書かれていました。
きっと答えがわからなかったんでしょう。


今回紹介しましたお宅、私の実家でして、
いろんなところに貼られたシール、何故か書かれているイタズラ書き、
俺もよくこんな集めてよく貼ったよな、と感心していましたら、
araretilyann 004
婆ちゃんが便所の扉に書いていたのを発見しました。

どうやらトイレの電球を交換する度に書いていたようですね。

あちこち貼ったり書いたりするの、遺伝だって事がよーくわかりましたよ。

この今も残る昭和の暮らし、また反響がありましたら紹介させていただきます。
その他にも色々とお問い合わせを受け付けていますので、
そして当ブログもあと何回かで1000回を迎えますので、
どうぞ今後とも宜しくお願いします。
今回は、先日お客様からお問い合わせ頂きました、
実際の昭和の生活はどんな感じだったのか、このご質問にお答えします。

お答えしますと言ってもですね、別に特別な事は一切ありません、
こないだ行った所が、たまたま昭和の生活そのままだったので、
これは!と思い、極秘に写真を撮ってきましたので、そちらを紹介します。

なんせ、そのお宅、昭和のものを、そのまま、
araretilyann 001
未だに使い続けているんですよ。いやあ、びっくりしましたよ。

そこのお宅、窓は一応二重窓になっているようなんですが、
何故か窓と窓の間が広くなっているんですよ。

昭和のお宅、そんな無駄なスペースを許しません、
隙間さえあれば、
araretilyann 003
飾ります!

油断していたら、
araretilyann 005
飾り棚まで用意して飾ります!

窓だけではありません、食器棚にも、
araretilyann 007
飾ります!食器を置かずに飾ります!
飾るものが無かったら、学校で図工の時間に作ったものでさえ飾ります!

さらには、タンスの上がちょっとでも空いていようものなら、
araretilyann 006
飾り棚を無理に置いてでも、安定が悪かろうと飾ります!
何がそうさせているんでしょうか!
ここに住んでいる方は何かに操られているんでしょうか!


昭和はスキさえあれば飾るというのが文化だったんでしょうかね。
いや、単にうちの実家がそうだっただけか。

明日もこの昭和の生活を紹介します。

一回ではなかなか紹介しきれませんでしたよ。
ま、実家を紹介してなんだって話ですがね。
どうぞ明日の後編にもご期待下さい!


*この写真を撮っている時、何やってるんだ!とお袋にお尻はたかれました。
 
 今回の画像で気になったものがありましたら是非お問い合わせ下さい、
 今度実家にいった時にでも、こっそり持ち帰ってきますので。
今日ですね、仕入れでちょいと遠くまでいったもんですから、
ついでに実家に顔出してきたんですよ。
jiltuka5.jpeg
この、現代の昭和館に。

そうしたらですね、少し変化がありまして、
私も知らない、こんな、
jiltuka1.jpeg
ラジオが置いてあったんですよ。

これはお袋、俺の仕入れの手伝いしてくれたかな、
これは感謝の意を込めて、厚く御礼申し上げねばと構えたら、
jiltuka3.jpeg
横にこんなレコードが置いてありました。

絨毯の上にゴザ敷いてるってどういうことよ。

お袋、なにやらやっているなと思ったら、
jiltuka2.jpeg
このレコードかけましたよ。

なんでも昔の思い出の曲だそうで。

また来るよ、そう挨拶して、仕入れに出かけました。

そろそろ頻繁に帰らねばならないですかね。



そんなうちのお袋が最近買ったCDは、
jiltuka4.jpeg
これでした。

大丈夫か?俺んち!?


*明日はこないだお客様からお問い合わせがありました、
 「このようなレトロなものは、昔どんなふうに使われていたんですか?」
 こちらのご質問に、実際に未だに使っているところでの画像を
 極秘に入手しましたので、そちらをご紹介します。
 いやあ、こんな世界が今もあるとは!私も驚きでした!
 どうぞご期待下さい!