長いこと店をやっていますと、お客様からご相談を持ちかけられる事もあります。
「レトロなものが好きなんだけども、家族が色々うるさくてねえ。」
「欲しいんだけども、買ったらまたうちの主人に怒られてしまうかしら。」

こんにちは、スマイル札幌店です。

うちの店はある意味特殊なものをあつかっています。
retoro 001
好きな方には「こんな可愛いの、私欲しかったの。」と、たまらないものでしょうが、
興味の無い方には「こんな昔のもの、何がいいんだ。」と、
目にも鼻にもかけられないこともあるのです。

よくお客様のお声で耳にするのが、「買ったら家の人に怒られてしまうから。」
と、家族に反対されてしまうというご意見なのです。
retoro 002
そんなご相談を受けた時、私はこう言うのです。
「それは仕方ない事ですよ。でもいつかきっとわかってくれますよ。
 今度そのような話になったら、ご自分の経験談をお話してみて下さい。
 嬉しかった事、叱られてしまった事、学生時代の成績の事、初恋の事などを話すのです。
 そうしたら次第に打ち解けてきて心が通うようになります。
 そうなったらしめたものです。そこですかさず、
 ようし、今度の日曜は公園でキャッチボールでもしようか、と言うのです。」
retoro 003
*ここで音楽がかかる。

自分の趣味というのは他の人には全く興味のない事がしばしあります。
でも他の人の趣味に興味を持たない自分もいるのも確かなのです。
retoro 004
円満の秘訣はキャッチボール、ボールを投げる受けるのキャッチボールもありますが、
言葉のキャッチボール、そして心のキャッチボールも大切だという事なのです。

スマイル札幌店でした。

さて、私が毎日のたまっている話はブログで毎日更新しています。
「レトロ好きに送るとっておきの話」を紹介していますので、どうぞ宜しくお願いします。


*今回はただレトロなものの画像を載せ続けるのに飽きてしまったので、
あるラジオの内容の様に書いてみました。

今回の内容を観て、
わかったような口きいてんじゃねえよ!
などのクレームはどうかご遠慮下さい、宜しくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://smile3retro.blog129.fc2.com/tb.php/1121-4868af0e