まだ終わっていません。

明日から再開すると宣言していたネット店の準備、

明日の13時の再開後も色々紹介していきますので、

どうぞチラチラご覧下さい。


さて、こないだですね、こんな
burogu3.jpg
お花がやってきました。

裏を反せば、
burogu2.jpg
なんかトゲトゲがついてます。


電池が置いてあるのは、大きさを比較するつもりなんです。

あわよくば、このままネット店で紹介しようとしてる魂胆なんですねえ。

手抜きもいいとこですねえ。


拡大して見てみましょう、
burogi1.jpg
おお!ブラシか?

まさか剣山ではあるまい、まさかこれにお花を生けるわけではありますまい。

私が思うに、これは、外国の映画のお風呂シーンでよく見る、

背中を洗う時に使うブラシではないかと、

もっと解りやすい言い方をしますと、

ハクション大魔王のオープニングで、

魔王がお風呂に入りながら何故か空を飛んでいて、

建物にぶつかって半透明になってしまって、ハー!

ハハハン、あ、泣けてくる時に使っている、

アレじゃないでしょうかね、きっと。


私のきっとは、まず当たった試しがないんですが。


何に使うかはともかく、これはもちろん未使用です、

どこの誰が背中を洗ったかも、

背中どころか、どこを洗ったかもわからないモノは、

当店ネット店には出しませんのでご安心下さい。


店には置くかもしれませんけどね。


ちなみに、これ、お客様に見せたら、

頭を洗うものじゃないかと教えてくれました。



私、それは違うと思います。












お風呂で思い出しました。



【ホントは書きたかった、こんなハナシ】

私は銭湯が好きです。

近くの銭湯は、もう無くなってしまい、とても残念なんですが、

よく行っていたんですよ。


皆さんはどうかわかりませんが、私は銭湯の順番がありました。


まず、軽く体を洗いまして、サウナに入りまして、

それから本格的にザラザラしたもので真っ赤になるまで擦りまして、

それから三つ四つある湯船に順番に入る。

お風呂からあがったら、締めのビールと、

くだらないかもしれませんが、そんな順番を決めていたんです。


ある日、銭湯に行きまして、いつものように入りまして、

さあて、これであがって、締めのビールでもって思っていたその時、


背中ごしにお湯がかかってきたんですよ。


あら、と思い鏡ごしに見てみましたら、

ご年配の方が、立ち上がったまま、

股間を洗っていたんです。


股間をろ過したそのお湯が、

せっかく綺麗になった私の背中どころか、頭にまでかかっていたんです。



私は発狂しながらもう一度、

骨が見えるくらいの勢いで体を洗い直しました。


その湯を、ジジの股湯と名づけました。


*このお話は、さまーずの大竹さんも話していた事がありますが、

私が体験した紛れもない事実です。

皆様、知らないうちに他の方にもこういう事をしているかもしれません、

公共の場では、どうかお気をつけ下さい。



ーくだらなすぎなまま、おわりー



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://smile3retro.blog129.fc2.com/tb.php/1459-781dd8f7