さてさて、今回はこんな
ghazou 053
昭和感丸出しな東芝の4本足の白黒テレビを紹介します。

堂々としたこの佇まい、イイですねえ。

斜に構えて
ghazou 054
シャキーンっと、

もいっちょ
ghazou 055
シャキーンっと、とても綺麗な状態です。

脚は外す事ができますので、
ghazou 056
こんな台に置いてもイイですねえ、イイですねえ。なして2回言ったか。


さて、このテレビ、今ではもう番組を見る事ができないと、

インテリアにしかならないとお考えの方、ご安心下さい。

こちらのテレビ、付属品もちゃんとしっかりありまして、

地デジの番組も見る事ができるんです。

早速色々取り付けまして、スイッチを、

これスイッチどこだ?ああ、ボリュームのところ押すのか、

スイッチを入れてみますと、
ghazou 052
おお!何かが映った!しかしこれでは何がなんだかわかりません。

真空管のテレビはつくのに少し時間がかかるんですよね、それもイイんです。

そうこうしていましたら、
ghazou 050
おおー!映った!映った!なんか感動してしまった!

そして電源を切りますと、
ghazou 051
この時代のテレビ、消した時に
いつまでも消えない、この感じがイイですよね。


こちらのテレビ、このまま飾ってインテリアに、

映るようにしてさらにカッコイイインテリアになりますので、

気になった方はどうぞお問い合わせを宜しくお願いします!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://smile3retro.blog129.fc2.com/tb.php/1654-cd654a7e