先日、お客様がこちらのゲームを譲ってくれました。
poltuto 105
昔のLSIゲームのパックマンです!

昔、パックマンが流行った頃、各メーカーから色々似たようなものが出ていました。

ですが、どれも名前をパックマンではなく、

パクパクモンスターやらパクパクマンやら、パックリモンスターやら、

各社で付けた名前のものばかりだったんですよね。

このトミーのパックマンが唯一パックマンという名前で出していたんです。

箱を開けますと
poltuto 106
おお、懐かしい対面です。当時の記憶が甦ります。

早速遊んでみようかなと説明書を探しましたが、どうやら欠品しているようで。

箱の横をチラリと見たら
poltuto 110
遊び方が書いてありました。

でも私はわかっているのです、遊び方を。

私くらいの年齢になったら説明書を読まずとも遊ぶことができるのです!

自慢にならない事を自慢してしまいましたが、

スイッチを入れますと、
poltuto 107
おおー!パックマンの始まりの曲が流れるんですね!

ちょっと接触が悪いようでしたので、分解して直しました、もう安心です。

さっそく遊んでみましょうか、
poltuto 108
どれ、よいしょ、どうやらパックマンは左に向いたままですね、

右に行ったらば、エサを食べる事ができないんですね、これ。

ですので常にパックマンから見た正面、前にあるものを食べていくんです。

TVゲームのパックマンならば左右どちらのエサも食べれますが、

このパックマン、例えすぐ後ろにエサがあったとしても、

一旦戻って前にあるものを食べるんです。

ですので常に前を向かねばならない、前を向かねば食べることもできない、

たとえすぐ後ろにパワーエサがあったとしても、チャンスがあったとしても、

一旦戻って体制を整えてから、前を向いてチャンスをつかむ。

前を向いて、前にあるものをこなして生きていく。


このパックマン、まさに人生そのものです。

まさかパックマンに前向きに生きることを教えてもらうとは思いもしませんでした!

そんな事を考えていたら
poltuto 109
66点でやられてしまいましたけどね、

今の私は66点なんだ、よし、これからは前を向いて高得点目指すぞ!

ありがとうパックマン!今日はそう決意して、夢中になってパックマンをやっていたら、

お客様が来てくれた事にも気付かず、せっかくのチャンスを逃してしまったのでした。

ダメじゃん、パックマン。だから俺は66点なのか。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://smile3retro.blog129.fc2.com/tb.php/1713-95f93975