今日は渋くいきますよ。

と言っても私はこのまま、渋くもなんともありません。

もっと中年の渋みを出したいんですがねえ、

どうも意識したら、みすぼらしさしか出ないんですよね。

などと変なところから毛が生えてきた私の話はよしとしまして、

今日は渋いこちらの、
poltuto 016
壁から掛ける鏡のなんたらの紹介です!

こちら未使用品、箱には
poltuto 015
ファミリーセットと書かれています。

さて、どこら辺がファミリーなんでしょうか。

まずは、
poltuto 018
鏡をちょっと見てミラーって、少し縁に傷みがありますね。

欠けではありません、接着の時のなにかです。

鏡の横にはクシやらブラシを差すポケットがあります!

そして真ん中、
poltuto 017
なんて書いてあるんだ、この文字。

わからない事をさて置いときまして、いや今年も詰めが甘い!

雪溶けたらあまりの甘さに指先に蟻がたかるんですから!

って、何を書いているんだ俺は。

話を戻しまして下の方には
poltuto 020
幅広いポケットとワイヤーが!針金か?いや、タオル掛けですね!

こちらのポケットにはポマードとかMG5とかを置けるんです!

しっかしポマードって、口裂け女じゃないんだから、

なして俺が昔使ってたMG5を置かねばならないんだ、

あの頃女子に、なんかオジサンの臭いがするって言われてたんだ。

という事は置いときまして、すぐどこに置いたかわからなくなるんですが、

こちらの使い方見本もありますので、
poltuto 021
どうぞこの渋い壁掛け鏡色々ポケット付きタオルも掛けれますよ、

どこのどの辺がファミリーなのかよくわからないファミリーセット、

見本で掛けられてるタオルが生活感溢れていますが、

気になった方はどうか宜しくお願いします!


*明日は実家に行きますのでお休みです。

明後日は夕方には店にいますので、どうぞ宜しくお願いします!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://smile3retro.blog129.fc2.com/tb.php/1886-3d339035