今日、北海道ではあちこちで雪が降りましたよ。

秋だのなんだの言ってる間に冬が来てしまいましたね、

としんみりしてる間もなく、今日は
画像 005
こちらの腕時計の紹介です。

今回はかなり珍しいですよ、

なんせ
画像 004
ハリスガムの、おそらく応募券を集めてもらえるものかと思うんですが、

ちょっと定かではないんですよね、この出所が。

いずれにせよ、かなり珍しいんですよ、この腕時計。

盤面も
画像 003
丸型と、長丸でしょうか、長四角になるかな、二種類ありましてね、

よくよく見てみますと
画像 002
針が無いんです。ハリスガムなのにハリが無いとはこれいかに。

ではどうして時間がわかるのかといいますと、

そうです、日時計なんですよね、これ。

12時を見た、じゃない、中に付いてる磁石で北の方に合わせまして

日の光、太陽にあてるんですよね。

そしたら
画像 001
中の心棒の影が今の時間になるという仕組みなんです。

いやあ、よく考えられている、今の文明も進化してますが、

昔のものも、自然の力と仕組みを最大限に利用して、よく考えられていますよね。

と、もっともらしい事を書いてしまいましたが、

この辺のなかなか目にしないようなものも集めていきますので、

どうぞこの冬も当店を宜しくお願いします!


なにが珍しいかって、俺が真面目に紹介したのが一番珍しいな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://smile3retro.blog129.fc2.com/tb.php/2241-e67b203a