普段から身だしなみを整えるのに必需品なのがアイロンと、

ズボンや袴なんかにビシッと一本線つけるのに

昔から、一家に一つありましたよね。

さて、昔のアイロンといえば

IMG_6835.jpg

こんな感じと、今もガーデニングなんかに大人気なんですが、

先日やってきた昔のアイロンはちょいと違いました。

IMG_6830.jpg

こんな西洋の鎧を彷彿させる井手達なんですよ。

なんかカッコイイじゃないですか、悪魔将軍みたいだ。

さて、こちらのアイロン、見たところコンセントがありません。

いや、どうしてアイロンの役目を果たす?と見てみたら、

IMG_6832.jpg

どうやら、このじょうごで水ば入れて

IMG_6833.jpg

ここに真っ赤になった炭ば入れて熱くしてアイロンになると、

その名も生かしき三色スミレ、

IMG_6831.jpg

歳千 てこ気蒸!

わかってますよ、千歳 蒸気てこですよ、

逆から読むのは簡単なんですが、意外と逆に書くのは面倒なんですよ、

って、そんなら書くなってハナシなんですが、

こちらのアイロン、持ち手に

IMG_6834.jpg

こんな祝事に使われるようなボンボリがありました。

どうやらこちらのアイロンは、昔の花嫁道具のようでして、

今こそお馴染みのアイロンですが、昔は花嫁道具の贅沢品だったんでしょうね。

こんな昔の貴重なものも、少しはある当店ですので、

どうか残り少ない金月を、どうか絶対宜しくお願いします!


*後からこのアイロンば調べてみたんですが、

あのボンボリ、元々付いているものかも知れないかと判明しました。

ですが、お客様から昔の花嫁道具だったと御持ち頂いたので、

その御話を尊重した上で、

当店では花嫁道具のアイロンとして店頭に置いています。

どうぞ細かな所を突っ込まないように、どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://smile3retro.blog129.fc2.com/tb.php/2837-69977653